日立市 にある整体 はいぶき整体院にすべてお任せ

整体のいぶき整体院
お 得 な お 知 ら せ ・ 特 典 情 報 履 歴

653/654ページ目を表示 最初 | < 戻る | 次へ > | 最後
年末にギックリ腰をした
投稿日時:2008年02月05日

ギックリしてから1カ月も経ってるのに、まだ腰が痛いからと言って整体にこられたお客さんを診ました。
ギックリ腰の大本は、すっかり無くなっていましたので、普通の施術の骨盤の歪みと腰椎の前弯不足と背中の盛り上がりを解消しておきました。
随分楽になったそうですが、ちょっと時間が経ちすぎで、完全に痛みが取れるまで時間がかかりそうかと思いましたが、一回でほぼ痛みは無くなったそうです。
ギックリ腰になった場合は、冷やして、できるだけ早い目に来ていただけると、早く良くなると思います。
それにしても、ギックリって意外に自然治癒するものですね。かえってびっくりしました。1カ月かかったようですが・・・(気の毒)

雪の支部会
投稿日時:2008年02月04日

昨日は北茨城パシフィックカントリーホテルで岩田グループの整体師の支部会がありました。
家を出るときは、小雪混じりだったのですが、北茨城の会場についたら、吹雪・・・でも、大した雪ではないので心配ありませんでしたが、むしろ明日の午前中のお客さんが来れるかどうかが問題です(汗)
今日のお話は岩田先生の昔話。激しい頭痛と大量に与えられた薬と、その薬害と心室細動の嵐。いやぁ、苦労したんですねぇ>岩田先生。
技術面の指導は膝関節回転と手刀矯正。技術って奥深いですねぇ
雪のおかげで早い目で切り上げてもらえたので、路面凍結しないうちに帰れました。やっぱり雪は怖いですもの。
支部会は土浦グループと水戸グループは雪のため全滅。一方で仙台や宮城の北方グループは参加でした。
雪への備えが違いますねぇ。
仙台の寺建先生は、「え?こんなの吹雪って言わないよ」だって・・・。

2重サッシにしてから1週間
投稿日時:2008年02月02日

になるのに、お客さんから気付いた方は皆無。
う〜ん・・・気がつかないものですねぇ・・・。
とりあえず、こちらから切り出すと、話題にはなってくれますので、「良し」としますか。あははは。
ペア硝子を入れたから13万もしたのにぃ・・・シクシク
しかし、整体室の保温能力はかなり高いと思います。熱源として肉体労働者である私の体があるので、夜になっても、気温は20度を超え、汗ばむほどです。(笑)
午前は全く結露しないのですが、午後は外側の窓が結露し始めます。これは外気と外窓と内窓の間の空気に温度差ができているからでしょう。
やがて夕方になると、外窓の結露はなくなり、クリアになりますが、夜になると、内窓に結露ができて来ます。
これは、外窓と内窓の間の空気が冷えて、外気と同じになり、さらにペア硝子の間の空気も冷えてきて、室内の温度差ができて結露となっていくのでしょう。
ペア硝子と言っても、真空ではなく、気温は伝わりますので、ある程度は仕方がないようです。

昨日、自転車の後輪のタイヤを交換しました
投稿日時:2008年02月01日

整体を本業にしてから定休日がなく、外を自転車で走ることができなくなったので、室内で自転車をローラー台に載せて漕いでいたのですが、変な振動が走り出しからするものだから、ついにタイヤを交換しました。
交換したタイヤは、以前外で走っているときに使っていたもので、ローラー台で使うとタイヤは痛みやすく、走行距離が5000kmくらいで駄目になってしまうといわれていたので、安いタイヤに替えたのでした。
最近は、低速なのに、あまりにも振動するので変えてみると、氷の上を走っているかのよう・・・去年から時速37km/hを超えると発生していた変な振動もでず、49km/hまで引っ張っても静かなものでした。これが本来の性能だったようで、私の心拍が147になったところで、最近ここまで上げていないので心配になって中断しましたが、本当に気持よく走れました。
最近はアベレージも28km/hと低迷していたし、距離も30kmは辛く感じていたのですが、全部タイヤが悪かったのですね(嬉)
う〜ん・・・自転車はタイヤが命だねぇ・・・
交換するまで5000kmどころか15000kmも走っているし、今度はもうちょっと高いタイヤを買うことにします>自転車屋さん
それにしても、交換したタイヤをシミジミ見てみると、いたるところに深いひびがはいって、変に膨らんでいるところがあったりと、バースト寸前でした・・・よく頑張ってくれました>ふるいタイヤさん

営業開始時刻変更
投稿日時:2008年01月24日

やはり朝6時からでは辛いので朝8時からに変更させていただきます。
夜勤明けのお客様には大変申し訳ありませんm(..)m

触診は毎回実施するのが間違いない
投稿日時:2008年01月24日

頚椎は毎回歪み具合が変わるので、触診は毎回必須ですが、腰椎も毎回触診したほうが良さそうです。随分良くなったお客さんで腰椎の矯正が不要になっていたはずなのに、触診してみるとそれまで無かった歪みが見つかり、アジャストしてみるとキャビテーションがでて、施術後触診してみると歪みがなくなっているということが、最近立て続けにありました。
腰椎のひずみ具合は安定しているもので、触診せずに矯正にはいる先生が多いのですが、このように、まれに変化するということがあるので、毎回触診したほうがいいと確信しました。
頚椎・・・首の骨
腰椎・・・背骨の中で骨盤の上の骨で肋骨の付いていない骨。
触診・・・指で服の上から骨格の歪みを診る方法。
アジャスト・・・急圧をかけて特定の椎骨を動かすテクニック。
キャビテーション・・・いわゆる「ぽきっ」という音。

二重サッシが楽しみ
投稿日時:2008年01月23日

今日整体をしていて、エアコンで室温はそれなりに暖かいのですが、窓際では結構ひんやりとしていると感じました。私は肉体労働をしているので寒く感じませんが、お客さんは寒く感じることがあるのかも知れません。
二重サッシが楽しみです。

二重サッシ(2008/1月)
投稿日時:2008年01月23日

今年は普通に寒いらしいのですが、石油価格高騰のため、灯油は18リッターで1500円以上。電気代も上がるというので、今年は暖房より断熱に力点を置こうと考えました。
そのため、整体室の窓を二重サッシにしようと考え、YKKのプラマードUを選んでみました。
今は毎朝、掃除のたびに窓ガラスの結露取りをしていますが、どのように変わるか楽しみです。
整体室の窓は内側に障子が入っているのですが、これを取って窓サッシを入れるそうで、障子の代わりにロールスクリーンを買ってきました。
窓サッシを入れる前にロールスクリーンを付けるための金具を壁につけたのですが、2cm以上螺子を食い込ませないとならないので、大変でした。窓二つ分で12本の螺子を入れたのですが、身体から発する熱で窓が結露してしまっていました。作業後、妻が部屋に入ってきて、暖房も入れていないのに部屋が暖かくなって、結露までしているのに驚いていました。
実際、身体の堅い男の人を整体すると、暖房は切っても暑いくらいになるので、二重サッシにすると暖房費がかなり節約できるかも知れません。
もちろん、熱源は私です(笑)



653/654ページ目を表示 最初 | < 戻る | 次へ > | 最後


△ページトップへ

日立市の整体はいぶき整体院:トップへ